• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

最強のMac用HDR 写真編集ソフトウェア!?「Aurora」の最新版、今月29日発売

Aurora3Mac専用につくられたHDR写真編集のためのソフトウェア「Aurora HDR」。プロの写真家にも愛用する人が多いと評判のツールキットだ。

そのAuroraの最新版「2017」が今月29日に発売される。これまで以上に直感的な操作、しかも短時間で完成度の高いものに仕上げられるという。

・こだわりたい人に

一眼レフなどだけでなく、今やiPhoneなどの携帯端末カメラにもHDR(ハイダイナミックレンジ合成)機能がある。露出が異なる複数の写真を撮り、それらを合成するというものだ。

写真にこだわる人はこれらのデータの編集をして、コレという作品に仕上げることができるが、Auroraはそのためのソフトウェア。

2017では既存のものよりより簡単に短時間で、そして細かな操作できるようになっている。

Aurora2・自動処理でラクラク編集

最も使い勝手が良さそうなのが、バッチプロセッシング。写真データを取り込んでプリセットやファイルの種類などを選ぶと、自動的に必要な処理をしてくれるというもの。

もちろん細部にこだわりたい時は、コントラストやハイライトといったトーン、色温度、ストラクチャーなどそれぞれのスライダーを左右に動かして調整できる。

・偏光ツールで風景写真の質向上

また、偏光ツールを使えば、写真のクォリティーが一気に上がりそうだ。

Aurora例えば、空の写真。光の反射をコントロールすることで、浮かぶ白い雲をはっきり際立たせることができる。これは風景写真を多く撮る人にとって、かなり使えるツールだろう。

新バージョンでは全体的にアルゴリズムが改善され、そうした作業が短時間でできるようになっているとのこと。

MacでHDR写真を編集するという人は要チェックのこのソフト、価格は新規ユーザーが89ドル(約9100円)、Aurora HDR Proユーザーは49ドル(約5000円)となっている。

Aurora HDR 2017

注目の記事