• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

ニューヨークの地下鉄がバーチャルの図書館に!? 「Underground Library」が始動

Underground Library今は、何か知りたいことがあったとき、興味があるものについてチェックしたいと思ったとき、インターネットであらゆることを調べられる時代になった。さらに、モバイル端末の普及によって、自分の手元で電子書籍をダウンロードして読むようなことも当たり前。そんな時代の風を受けて、ニューヨークの公共図書館では年々会員が減少し、リアルの本をわざわざ借りに行く人が少なくなってきているようだ。

人々にもっと図書館へ足を運んでもらおうと、Miami Ad Schoolの学生たちがユニークなプロジェクトを企画している。それが、市民の交通の足として親しまれるニューヨークの地下鉄を、バーチャルの図書館にしてしまおうという「Underground Library」だ。地下鉄の車両の壁面にバーチャル書架を設け、乗客は書架に並んでいる本のタイトルを、スマートフォンでスキャンする。これには、近距離無線通信のひとつであるNFCのテクノロジーを利用している。スキャンされたタイトルの本のうち、最初の10ページが無料で表示され、利用者は興味がありそうな本を自由に選択して読み進められる。10ページを読み終えると自動でポップアップが現れ、その本を保管している、市内のもっとも近い図書館をユーザーに提示してくれるようになっている。

「Underground Library」は、まだあくまで企画コンセプトの段階にすぎないが、もし実現されたなら、乗客にとっては、退屈な移動時間が新しい発見の場となり、図書館側としては、図書館をもっと多くの人に利用してもらえるという、一挙両得の有益なサービスになりそうだ。

Underground Library

注目の記事
9月26日 | Start Up