• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

プロレベルのスキーヤーと共同開発したコーチングツール「Carv」が登場!一般~プロレベルに幅広く対応

世界Carvスキーの上達のためには、もちろんコーチに習うのもよいが、テクノロジーの力を借りるのも1つの方法かもしれない。

・世界初のウェアラブルスキーコーチングツール

「Carv」は世界初のウェアラブルスキーコーチングツール。ユーザーの滑りをリアルタイムで分析し、イヤホンを通じてスキー中に随時フィードバックを返してくれ、テクニック上達のサポートをしてくれる。

プロレベルのスキーヤーたちと協同で、2年以上をかけて開発された「Carv」。スキーのなめらかな滑り、スピードアップのためには、“フォーム”“体重配分”、この2つがキーポイントとなる。

・“インソール”と“トラッカー”、アプリで動作

Carv3この「Carv」は、スキー靴の中に挿入する“インソール”と、スキー靴にクリップして装着する“トラッカー”モジュール、そしてスマートフォンの専用アプリで構成されている。

インソールはわずか1mm以下という薄さ、トラッカーは小さくとても軽量なので、滑りの邪魔にならない。

各足のインソールには、48個の圧力センサー、加速度計、ジャイロスコープ、磁力計を搭載。トラッカーが制御機構の役割を果たし、圧力や動きを計測。データをスマートフォンにワイヤレスで送信する。

Carv4バッテリーは最大16時間以上もち、USBケーブルを通じてチャージが可能だ。アプリはiOS、Android両方に対応している。

・リアルタイムのフィードバック

「Carv」は、例えばターンが実行されるごとに、いつ、どこで、どれくらいの体重をかけているのかを分析し、「後ろに体重がかかりすぎ」「良いターン」など、リアルタイムで音声でフィードバックを提供し、フォーム修正のアドバイスをしてくれる。

また、後ほどアプリを通じて、滑りの詳細な分析を閲覧可能なので、自分の滑りの良い点、改善点などを把握して、今後に生かすことができる。アプリからスキーレッスンを選んで、リアルタイムのレッスンを受けることも可能だ。

・コーチや上級プレイヤーにも

Carv2選手を指導するコーチ側としては、「Carv」を装着したスキーヤーの滑りをiPhoneやiPadで録画し、データを「Carv」のクラウドにアップすることで、滑りの計測データと、撮影動画を瞬時に同期させられる。

また、カメラツールの「GoPro」と連動させることも可能だという。

“フリースタイル”スキーヤーなら、ジャンプのテイクオフや着地、高さを、“クロスカントリー”スキーヤーなら、足を踏み出すタイミング、左右の対称性、体重移動など、細かいポイントを分析してくれるので、上級者の技術向上にも役立ってくれる。

・Kickstarterで出資を募集中

現在、クラウドファンディングKickstarterで、4月1日まで出資を募集中で、早くも目標金額5万ドルに対し、2倍超となる約13万ドルの投資資金を集めている注目ぶり。
Carv

注目の記事
8月26日 | Tech