• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

オリンピックに間に合う!?自動で空を飛ぶ車が2018年に完成する見込み

tx

SFで描かれた未来がここに!?アメリカのマサチューセッツ州にある「Terrafugia」が、2018年までに空を飛ぶ自動運転車「TF-X」のプロトタイプを作り上げ、2025年までに一般販売する予定があることを発表した。

・価格は3000万円ほど?

現時点での発売予定価格は26万ドル(約3000万円)で、約800キロの距離を時速320キロの速度で飛行可能。

離陸時には折り畳み式の羽が姿を現し、2つのエンジンを使って飛び立つという。飛行可能ながらも、車はそこまで大きくはなく、羽さえ畳めば一般家庭のガレージにも収容ができるそうだ。

・体調が悪い時でも乗車が可能

tx2飛行機を運転するとなると、現行の法律では免許が必要になるが、この車はセミオートで動くため免許は不要。自動運転のため体調が悪い時でも乗車することができるという。

飛行するために離陸する際には、一般道で空いた状態を想定しているものの、法律や道路の整備なども必要になるため、現時点では確定していない。

現在Terrafugiaはこの車の販売を目指し、MITなどでテストを行っている。東京オリンピックまでには実用化は間に合うかわからないが、今後の続報に期待したい。

THIS FLYING CAR WILL BE READY FOR TAKE-OFF BY 2018
The TF-X™ | Terrafugia

注目の記事
8月26日 | Tech