• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

家庭用ロボットがより身近に!会話から生活サポートまでこなす「Tapia」がかわいい

tapia_1ここ数年、活気を呈するロボット市場。

経済産業省「ロボット産業市場動向調査結果」(2013年7月18日公表)では、2025年に5.3兆円、2035年には9.7兆円になると予測。製造業を筆頭に、医療や介護など、多彩な分野での活躍が期待されている。

そんな流れもあってか、日本国内でも、新たな可能性を感じさせるプロダクトが続々登場。その中から今回は、“CES 2016”で好評を博した、「Tapia(タピア)」をご紹介しよう。

・小さな体に多彩な機能

tapia_2数ある家庭用ロボットの中でも、特にコンパクトな本品。全長わずか、21センチメートル。丸みを帯びたフォルムは、どことなくやかんに似ている。

小さいながら機能は充実。日常会話機能には、感情表現と好感度システムを搭載。会話のペースや内容によって、応答が変化するようになっている。

一定時間、「Tapia」との応答がない場合は、家族へ通知。外出先からモニタリングすることもできる。高齢者のいる家はもちろん、単身世帯でも安心だ。

・現在はまだ開発段階

tapia_3他にも写真を撮ったり、顔や名前、誕生日を記憶するユーザー認識機能など、さまざま。電話・天気・スケジュール管理・ニュースの読み上げといった生活支援システム、絵本の読み聞かせを行う知育機能も、搭載する予定だ。

一般家庭の生活サポートを目的に作られた「Tapia」。今はまだ開発段階にあるため、一般販売は未定。進捗状況は、ホームページに随時アップされるようなので、まめにチェックしていきたい。

Tapia

注目の記事
6月26日 | Tech