• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

わずか2秒で正確に計測!スマート体温計「Withings Thermo」がスゴそう

WithingsThermo健康関連のガジェットを開発するWithingsでは、「Withings Thermo」という“新型のスマート体温計”を開発中だ。

わずか2秒で、正確に体温を測るというスグレモノで、Wi-FiやBluetoothを通じて、スマートフォンと連動する。

使用方法はとてもシンプル。額のこめかみのあたりにデバイスを配置し、ボタンを押すだけ。

・16の赤外線センサーと独自のアルゴリズム

WithingsThermo3「Withings Thermo」には、16の独立した赤外線センサーが搭載されており、発熱を感知して、赤外線シグナルの場所をキャッチする。

この独自の“HotSpot Sensor Technology”が、正確かつすばやい計測を実現しているという。

わずか2秒以内で、4千の項目を測定し、独自のアルゴリズムが肌体温の放熱ロスや外気温など、測定数値に影響を与える要因に応じて修正をおこない、信頼しうる測定体温を算出するというからスゴイ。

測定が完了すると、デバイスがバイブレーションをして教えてくれ、結果はデバイスのLEDディスプレイに表示される。摂氏、華氏両方に対応しているという。

・測定結果はカラー別でわかりやすく

グリーンは通常、オレンジは中程度、赤は高い、といったように、カラーコードで区別されるので、測定結果が一目瞭然でわかりやすい。

測定するのにまったく痛みを伴わないし、わきの下に差し込んでじっと数分待つ……なんて悠長なことをせずに済むのは、実に画期的。暗くした部屋で眠っている子どもを起こさず、体温測定をするのにピッタリだ。

WithingsThermo2デバイスは単4電池で動作し、およそ2年間電池がもつという。

・便利な機能の専用アプリ

測定結果は同時に、iOS、Androidの専用アプリへと送信される。ユーザーは、測定体温の履歴をモニターしたり、傾向を把握したりできる。

さらに1クリックで、簡単にかかりつけ医とデータをシェアできるのもとても便利なところ。

また、“投薬をした”“○○の傾向が見られる”など、メモを併記して残しておけるほか、毎日の測定を習慣づけるためにリマインダーを設定しておけるので、測定のし忘れを防ぐことができる。

・CESで2つの賞を受賞

国際見本市CES、Best in Fitnessなど2つの賞を受賞した「Withings Thermo」は、4~6月に販売がスタートし、予価100ドル(約11700円)となる見込み。
Withings Thermo

注目の記事
9月26日 | Start Up