• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

電池切れにサヨナラ!自転車走行のエネルギーを電力に変換してスマホを充電できる小型デバイス

CycleCharge自転車に乗って、坂を下りている瞬間、「この速度で発生するエネルギーを使って、電子デバイスを充電できたら……」なんて思ったことはないだろうか。

そんな願いをかなえるシンプルなツールが「CycleCharge」である。

・自転車のダイナモのエネルギーを電流に変換

自転車走行中に、ダイナモが生み出す電気エネルギーを集め、5.02ボルト、500ミリアンペアの直流電流に変換してくれる。

CycleCharge2これはパソコンをはじめ、多くの電子デバイスに対応する電圧であり、つまりUSBポートを使って充電するタイプのデバイスなら、ほぼ充電可能だということになる。

・耐水性、防塵性で、耐久性ある仕様

「CycleCharge」本体の大きさは、59.2×30.2×10ミリメートルの小型サイズ。アクリルガラス、紫外線安定性ポリマ樹脂によって、内部構造を保護するつくりになっており、耐水性、耐衝撃性、防塵&防汚性の仕様。

CycleCharge3温度もマイナス10~70度まで耐えられるので、気温や環境に左右されることなく、安心してアウトドアで利用できる。

・Indiegogoで出資を受付中

現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、20ドル(約2400円)~でプレオーダーができる。順調にいけば、提供開始は5月になる見込みだ。

CycleCharge

注目の記事