• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

栄養&カロリー管理もプロにお任せ!“スマート弁当箱”でお弁当の準備がグッと楽に

Prepd健康な食生活のため、あるいは節約のため、職場に毎日お弁当をつくって持参している人もいるだろう。お弁当のメニューを考えるのは結構大変なものだし、マンネリ化しがち。

そんな悩みを解決してくれそうなのが、「Prepd」という“スマート弁当箱”である。

いくつかの収容コンテナで構成される弁当箱で、専用のレシピアプリと連動するというものだ。食事の用意をするのを手助けしてくれ、栄養価やカロリーを把握することもできるという。

・コンテナの配置は組み換え自由、漏れ防止機能も

Prepd2弁当箱はメインケースである“Prepd Pack”の中に、取り外し可能なコンテナを自由に配置し、さまざまなパターンに組み替えることができる。

コンテナは食品に安全な素材で、漏れ防止の機能がついているので、弁当箱の持ち歩きにも安心。

・かゆい所に手が届く便利なアプリ

アプリはAndroid、iOS両方に対応しており、ユーザーが選んだレシピに基づいて、必要食材のリストを提示してくれるので便利。

レシピの中にはプロの栄養士やシェフが制作したものもあり、、幅広い食事ニーズに応えることができる。掲載されているレシピは、弁当箱にピッタリの分量に調節されているので、食材を余らせる心配もない

また、例えば1週間分のお弁当メニューを決めて、1回の調理で数日分の料理を用意する……といったように、効率的なやり方を提示してくれるのもありがたい。

Prepd3メニュー内に含まれる栄養情報やカロリーもチェックできるので、日々の健康管理に役立つだろう。

さらに、iOSに搭載されている「HealthKit」アプリと連動させて、歩数計やその他の健康管理デバイスのデータを活用することもできるという。

・食材の無駄を省き、ゴミを減らす

「Prepd」は健康管理に役立つだけでなく、食材を無駄にすることがないので、ゴミまで減らしてくれるエコフレンドリーな点も魅力。

お手製弁当をつくりたいヘルシー志向な人にウレシイ「Prepd」で、お弁当の用意がグッと楽になりそうだ。現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受付中で、価格は50ドル~(約5900円)。目標金額2万5千ドルに対し、早くも28万ドル以上の資金を集めている。

Prepd

注目の記事