• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

日本のGoogle Glass!?テレパシージャパンの「Telepathy Jumper」

Telepathy Jumper次世代を担うウェアラブル機器として、注目を浴びていたGoogle Glass。しかし、2012年の発表後は注目を浴びる時期もあったものの、アプリ開発会社の撤退などが相次ぎ2015年の初頭に販売を中止した。

そんななか、言わば日本版Google Glassとも言える「Telepathy Jumper」が一般向けに販売されている。

Google Glassと同様にAndroidが搭載され、ビデオ電話はもちろん、お互いの情報共有も可能となる。機器自体は曲げ伸ばしができ、耳にフィット。線で繋がれた手元のリモコンで操作も簡単だ。

・視界を遮らない、高性能ディスプレイTelepathy Jumper2

「Telepathy Jumper」は、使用時に視線の先に仮想ディスプレイが投影されるため、外を歩くときでも視界を遮ることはないので安心だ。

装着者がリアルタイムで見ている風景を、ビデオ通話相手に見せることができ、通話相手はあたかもその場にいるような感覚を味わえる。

 

・ビジネスへの応用も期待Telepathy Jumper3

Telepathy Jumperを販売するテレパシージャパンは、この商品を積極的にビジネスの分野に売り込みたい模様。

この端末を着ければ観光地でガイドと直接行動を共にしなくても、観光情報やオススメの飲食店などを伝えてもらえる。

また、遠隔地教育の例として、料理の先生と直接会わなくても、ビデオ通話で同時に調理をすることで、レッスンが可能。今後、さまざまな分野で活用されることが期待されている。

Telepathy Jumperは、公式ページで税抜18万円で購入が可能。なお、Google Glassは一時、1,500USD(約18万円)で販売を行っており、ほぼ同じ値段に設定されている。

Google Glassは残念な結果に終わってしまったが、使い方によっては活躍しそうな端末でもあるので、Telepathy Jumperの今後に期待したい。普及するには端末の値下げやアプリの充実がカギになりそうだ。

株式会社テレパシージャパン

注目の記事
7月21日 | Marketing