• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

聴覚障がいをサポート!一人ひとりの聴力に合った音声を提供するアプリ「uSound」に注目

usound_1聴覚障がいのある人々にとって、日常生活におけるヒアリングは、大変な困難を伴うもの。

補聴器を使えば改善される場合もあるが、若い世代の中には、大勢の前でこうした器具をつけることに抵抗を感じる人もいる。

uSound」は、そんな人たちのために開発されたサービス。デジタル補聴器と同等の機能で、ユーザー一人ひとりの聴力レベルに合った音声を提供する、画期的なアプリケーションだ。

・聴力テストでヒアリングモードを調整

usound_2本アプリではまず、ユーザーの聴力を調べるために検査を行う。

方法は簡単で、“uSound Test”をタップし、スマートフォンにイヤホンを差し込むだけ。あとはスタートボタンを押せば、テストの結果がアプリに登録され、スマートフォンのヒアリングモードが、個々に最適なレベルに調整される仕組みだ。

利用の際は、イヤホンまたはBluetoothのヘッドフォンを用意した上で、“ヒアリングモード”ボタンを押す。これだけで友人との会話から音楽鑑賞まで、あらゆる音を、その人にぴったりの音量で楽しむことができるのだ。

・重度の聴覚障がいにも対応

usound_3それにも増してうれしいのは、補聴器をつけずに済むこと。特に若い人にとって、スマホ1台でコミュニケーション力がアップするのは、何よりありがたいことではないだろうか。

耳鼻咽喉科医と、オーディオロジストの協力を得て開発された「uSound」。

アルゼンチンの医科大学では、医療機器として認定されており、重度の聴覚障がい者も、利用の対象になっているという。医療アプリとしてどのように成長していくのか、今後の展開が楽しみだ。

uSound

注目の記事