• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

住所を入力するだけ!Googleが各家の“ソーラーパネル適性度”診断ツールを発表

グーグルのソーラーパネル適性診断ツール「Project Sunroof」Googleは、従業員に対して「通常の職務を離れ、自分のやりたいことに勤務時間の20%を充ててよい」という独自の勤務制度「20%ルール」を規定。

今日Googleの主力サービスに成長した、GmailやGoogle AdSenseなども、この制度から生まれたといわれている。

・住所を入力するだけでソーラーパネルの適性がすぐわかる

Googleは先月、場所ごとにソーラーパネル設置の適性が診断できる「Project Sunroof(プロジェクト・サンルーフ)」を開設。

エンジニアとしてGoogleに勤務し、自身も自宅の屋根にソーラーパネルを設置しているカール・エルキン(Carl Elkin)氏が、20%ルールを通じて開発した。

Project Sunroofの診断画面

住所を入力すると、その場所の年間日射時間、ソーラーパネルの設置可能面積、ソーラー導入で節約できる金額を、瞬時に表示。

Google Earthでも使われている高解像度の航空写真データや、Google Mapの3Dモデリング、気象データなどを活用し、屋根の位置や向き、その場所の日射量、周辺の樹木や建造物をとらえ、自動でシミュレーションする仕組みとなっている。

現時点では、サンフランシスコ・ベイエリア、フレズノ(Fresno)、ボストンの3都市のみを対象としているが、順次、そのエリアを拡大していく方針だ。

・再生可能エネルギーの推進に貢献するGoogle

Googleは、2007年、カリフォルニア州マウンテンビューの本社に大規模なソーラーパネルを設置するなど、再生可能エネルギーの活用に積極的に取り組み、現在、消費エネルギーの35%を、再生可能エネルギーでまかなっている。

Project Sunroofは、再生可能エネルギーの活用にいち早く取り組んできたGoogleらしい新ツールといえるだろう。

Project Sunroof

注目の記事
5月25日 | Start Up