• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

Wikipediaの共同創業者が、チャリティーに特化したソーシャルメディアを創設

チャリティーに特化したソーシャルメディア「TPO」インターネット百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」の共同創業者としても知られるジミー・ウェールズ(Jimmy Wales)氏。

同氏は、7月21日に非営利団体やチャリティーと一般ユーザーをつなぐ、新しいソーシャルメディアネットワークサービス「TPO(The People’s Operator)」を創設した。

・チャリティーに特化した、新しいソーシャルメディア

TPOのインターフェイスは、Twitterと似たシンプルなもの。ユーザー間で“フォロー”し合ったり、ユーザーがテキストや画像を自由に投稿できるという点では、FacebookやTwitterなどと同様の仕組みだ。

TPOで公開されている「Save the Children」のページTPOの特徴は、このソーシャルネットワークを形成するユーザーとして、社会的課題に取り組む非営利団体やチャリティーを、開設当初から参加させている点。

すでに、世界自然保護基金(WWF)やセーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)ら、70を超える組織が、TPOのユーザーとして名を連ねている。

また、TPOでは、非営利団体やチャリティーに寄付するための機能も実装。支援したい活動や団体に、TPOのプラットフォームから直接、寄付を行うことができる。

・情報発信から資金調達までワンストップで実現

TPOは、いわば、ソーシャルメディアと寄付サイトを融合させたようなプラットフォーム。

非営利団体やチャリティーにとって、情報発信から資金調達までをワンストップで実行できるのは、利点といえるだろう。

TPO(The People’s Operator)

注目の記事