• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

PCがさらに小型化!長さ10cmのスティック型コンピュータがIntelから発売

IntelComputeStickPCと聞くと、デスクトップ、あるいはノートパソコンを想像するだろう。持ち運べるサイズではあっても、やはりそこそこの大きさ、重さがある。

・超小型!スティック型のコンピュータ

今年1月にラスベガスで開催された、家電やコンピュータの見本市“CES2015”。そこでお披露目された、Intelのスティック型コンピュータ「Intel Compute Stick」が、プレオーダーをスタートした。PCの小型化が進む中、これまでより圧倒的に小さく、既存のイメージを覆す、まさに新世代のコンピュータだ。

・小さくても抜群の性能

大きさは、およそ10cm程度というコンパクトさ。Windows 8.1あるいはLinuxがプリインストールされている。クアッドコアIntel Atomプロセッサが搭載されていて、十分なスピードとパワーを発揮。ワイヤレス接続機能も内蔵されている。マイクロSDカードスロットもあるので、外部ストレージも利用可能だ。

IntelComputeStick2HDMIコネクタがついており、スティックコンピュータをモニターやテレビに接続すれば、デスクトップの機能がいつでも使えるというわけだ。

・WindowsまたはLinux版の2タイプ

「Intel Compute Stick」は、ECサイトのAmazonとNeweggでプレオーダーを受付しているが、現在すべて売り切れ状態となっているほどの人気ぶり。

2GBのRAM、32GBのストレージで、Windows 8.1がプリインストール済み、価格は150ドル。ただし、NeweggではLinux版も取り扱っており、同性能で110ドルとなっている。正式なオーダーは4月24日スタートの予定。

実は、スティック型PCの開発をしているのはIntelだけではない。Asusも「Chromebit」という製品開発に着手しており、こちらはChromeのオペレーティングシステムで起動するもの。今夏に予価100ドルで販売を予定しているという。

これからのPCは超小型のスティック型が当たり前、なんていう新時代も近いのかもしれない。

Intel Compute Stick

注目の記事