• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

スマホで解錠できる南京錠「Noke」、家族や友人と鍵の“共有”も可能

Noke3スマートフォンを使って家の玄関や自転車などのロックを解除できる鍵はすでに商品化されているが、このほど資金調達サイト「Kickstarter」に登場したのは、スマホで解錠できる南京錠「Noke」。ロッカーや物置、ボックスなど、あらゆるものを施錠するのに使える。

デザインや使用法は、従来の南京錠とほぼ同じだ。解錠すると逆U字の掛け金部分が持ち上がり、施錠するときには逆U字を押し込む。ただ、違うのは、解錠するときに従来タイプだと鍵を差し込むが、Nokeはペアリングしたスマホを近づけるだけで解錠できるという点だ。

Noke2

■3メートル以内で自動解錠

NokeとスマホはBluetoothで連携し、スマホを持ったままNokeに近づくと自動的に解錠される。通常、Nokeから3メートルの範囲内にスマホが入ると作動する。しかし、この範囲は用途や好みによって専用アプリ(iOS、Android)で拡大したり縮小したりすることができる。

また、Nokeのメリットは複数の人と“鍵”を共有できること。例えば、物置にNokeを使うとして、家族のスマホをすべてペアリングしていれば、それらのスマホで解錠できる。

もし、メンバーではない誰かに解錠をお願いするシチュエーションでも、一時的に許可して解錠してもらうことも可能だ。さらに、複数のNokeを使う場合は、それぞれのNokeに名称をつけて管理することもできる。

■手動での解除にも対応

スマホが盗まれたり、電池切れで動かなくなったりしたら?と心配する人もいるだろう。そのときは、あらかじめ逆U字部分を長押ししたり短く押したりの組み合わせを決めておいて、その通りに押すと開くようになっている。

Nokeは交換可能な電池で約1年作動する。機能はかなりシンプルで、用途もこれまでの南京錠とほとんど変わらないというものだが、Kickstarterではすでに目標額10万ドルの3倍超を集めているという人気ぶりだ。

興味のある人はKickstarterでのキャンペーン(9月18日まで)で59ドルにて入手できる。

Noke/Kickstarter

注目の記事
9月26日 | Start Up