• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

ホームレスのための“名刺” 支援希望者とダイレクトに結びつける仕組みを構築

HandUp社会の中では、助け合いの精神が大切だが、募金に寄付したとしても、そのお金が困っている人を助けることにきちんと使われているのか、寄付した当人にはなかなか見えてこないことも多い。また、支援を望む人々が自らアクションを起こすことも難しいのが現状だ。

「HandUp」は、サンフランシスコのスタートアップで、Project Homeless Connectという社会団体と連携。ホームレスや恵まれない人々を支援するためにプラットフォームを開発した。支援の方法として、“名刺”の概念を持ち込んだのが新しい。

支援を望むメンバーは、サイト上に自分のこれまでの経緯、物語を記載してアップしておく。各メンバーには“名刺”が配給されるので、この名刺を、道行く人々、出会った人々に直接手渡しすることが可能だ。彼らに関心をもち、サイトを訪問した人々に対し、自らの現状を訴え、知ってもらうことができるというわけ。

HandUp2支援を希望する人は、名刺をくれたメンバー、あるいはサイト上のプロフィールを見て支援したい相手を選び、クレジットカードを使って、スマートフォンから好きな金額を寄付することが可能だ。すると、提携している支援団体を通じ、選んだ相手に直接、寄付が送られる。メンバーは、食料や衣服などの必要品を入手したり、医療ケアを受けることができる。

将来的には、支援者とメンバーが直接コミュニケーションできるシステムの導入も検討中とのこと。プラットフォームが、支援が必要な人と、支援を希望する人を結びつける仕組みを生み出す。身近にいる困っている人に目を向け、関心を抱くきっかけにもなるだろう。

HandUp

注目の記事