• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

写真を売買できる「Snapwire」が一般公開、テーマを絞って撮影依頼も

Snapwireデジタルカメラやスマートフォンなどで写真を撮る機会が多い人に耳寄り情報だ。写真を売買できるサービス「Snapwire」がベータ版を終えてこのほど一般公開された。写真の腕とセンスがある人ならちょっとした小遣い稼ぎができそうだ。

写真素材を売買するサイトは他にもたくさんあるが、Snapwireの特徴の1つは即時性だろう。Snapwireはウェブサービスとモバイルアプリを展開していて、写真を探している企業や個人の「こんな写真を探しています」という投稿を見たユーザーが、出先からでも撮影・提供できる

■テーマ投稿で即時に写真が集まる

買い手にとってのメリットは、写真募集の投稿をすると世界中の“フォトグラファー“からすぐに反応が見込めること。写真をゆっくり探す時間がないときなどに便利だ。

また、呼びかけに対して集まった写真は、買い手側が吟味しコレと思うものを選ぶ。募集投稿時に報酬も提示できるので比較的安価で購入でき、その写真の著作権フリーのライセンスも与えられる。

■一度採用されると撮影依頼のチャンスも

一方、撮影者からすると、モバイルアプリもあるのでスマホで撮ってスマホで提供でき、気軽に参加しやすい。募集に対し提供者が多いとコンペティションのようになるが、選ばれると報酬がもらえるのはやはり嬉しいだろう。

さらに、写真が採用されたり最終選考に残ったりすると、撮影者にはポイントが付与される。このポイントはランクや評判の役割を果たし、ポイントが増えると直接依頼がきたりするようになるという。

報酬はリクエストによって異なり、支払額の7割が撮影者に払われ、残る3割はSnapwireが手数料としてとる。撮影者が米国外居住者の場合、報酬はPayPalなどを通して支払われるようだ。

もちろん、急いでの写真売買だけでなく、撮影者は写真を常日頃からストックできるし、買い手はゆっくりストックを見て購入することもできる。

スマホや高機能デジカメの出現で、写真セミプロ級の人は増えてきているだろう。日常の写真だけでなく、“売れる写真”という視点でシャッターチャンスを探すのも面白いかもしれない。

Snapwire

注目の記事