• Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • CLOSE

デルタ航空、スマホ向けアプリ「フライ・デルタ(Fly Delta)」 に新機能を追加

オフラインでも使える便利な空港マップが新登場

【米国アトランタ、2017年2月15日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、スマートフォンやiPad向けアプリケーション「フライ・デルタ(Fly Delta)」に新機能を追加し、最新バージョンの提供を開始しました。

新バージョンでは、航空業界で最も革新的と言える「ウェイファインディング(道順検索)」機能付き空港マップが追加されました。また、Wi-Fiや携帯ネットワークがつながらない場所でも、アプリ内に保存された搭乗券やフライト情報にアクセスできるようになりました。

ウェイファインディング機能が使えるのは、デルタ航空のハブ空港を含む20の主要空港で、お客様の到着ゲートから乗り継ぎ便の出発ゲートへの行き方や、レストラン、手荷物受け取り所までの道順をナビ機能で案内します。iPhone上に表示される搭乗券の出発空港や到着空港に触れるだけで、その空港マップにアクセスできる機能を提供する航空会社はデルタ航空のみです。この機能にはアプリ上のマイ・トリップ(My Trips)や運航状況(Flight Status)、その他の機能(More)のセクションからもアクセスできます。

対象空港には、成田空港(NRT)をはじめ、ロサンゼルス(LAX)、ミネアポリス(MSP)、シアトル(SEA)、デトロイト(DTW)、オーランド(MCO)、ボストン(BOS)、シンシナティ(CVG)、ワシントン・ナショナル(DCA)、ニューヨーク(JFKおよびLGA)、サンフランシスコ(SFO)、ソルトレイクシティ(SLC)、ロンドン・ヒースロー(LHR)が含まれ、今年の春には、さらにアムステルダム(AMS)、パリ・シャルルドゴール(CDG)、サン・パウロ(GRU)、メキシコシティ(MEX)、上海(PVG)が追加されます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/3358/246/resize/d3358-246-672935-0.jpg ]

デルタ航空は、旅行業界向けITのベンチャー企業「ローカスラボ(LocusLabs)」と協力し、お客様が検索ワードを入力した場所を自動的に感知し、その位置からのナビゲーションを開始する「ウェイファインディング」マップ機能を開発しました。お客様は、「コーヒー(coffee)」のような漠然とした用語でも、「スターバックス(Starbucks)」のようなブランド名でも検索でき、表示された選択肢から目的地を選ぶことができます。

また、フライ・デルタ(Fly Delta)のiPhone向けの最新バージョン(Fly Delta 4.2 for iPhone)では、ホーム画面のアプリアイコンに「3Dタッチ」の機能が搭載されています。アイコンをタップするだけで、フライト予約やチェックイン、運航状況へのショートカットを表示することができるようになりました。

iPhone向け最新バージョンのもうひとつの新機能は、オフラインモードでの利用です。スマートフォンがインターネットに接続してない状態でも、搭乗券など旅程関連の情報にアクセスできるため、アプリの利便性と信頼性が向上しました。

なお、アンドロイド版の最新バージョンはこの春にリリース予定です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3358/246/resize/d3358-246-702341-1.jpg ]




フライ・デルタ(Fly Delta)アプリケーション(英語版のみ)について
デルタ航空は2010年に初めてフライ・デルタのアプリを導入して以来、スマートフォン向けアプリの開発で航空業界をリードしてきました。2011年には業界で初めて、遅延や運休となったフライトの振り替えをアプリでできるようにし、預け入れ手荷物の追跡機能を提供したのも最初でした。2013年には、アップルウォレット内の搭乗券にTSAプレチェック(TSA、アメリカ運輸保安局 の空港優先保安システムの対象者に選ばれたことを意味し、保安検査場にてTSAの専用レーンを使うことができる)の表示をつけたデルタ航空の搭乗券デザインがアップルの標準表示として採用され、他の航空会社にも適用されました。2015年には米国航空会社で最初にアップルペイに対応したアプリとなりました。2016年秋には預け入れ手荷物に非接触タグ(RFID)を導入し、フライ・デルタのアプリ上で、預け入れ手荷物の場所をリアルタイムで確認できるようになりました。(*日本国内ではこの夏までにRFIDを導入予定です。)

*本リリースは2月15日に米国アトランタで発表されたリリースの日本向け抄訳です。

デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2016年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2016 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、6年間で5度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の6年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界57カ国、323都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3358/246/resize/d3358-246-871460-2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

2月27日 | Start Up